【アフターコロナ・ウィズコロナ】これからの衣食住関連の職業はどうなる?これからの人気職業はどうなる?

就職・転職に関するお悩み事例を取り上げるシリーズです。

衣食住の職業についた方が変動は少ないのでしょうか?

2020/5/21 18:06:29

相談者相談者

22卒の就活生です。
これからの時代、就活する上で衣食住の職業についた方が変動は少ないのでしょうか?
21年卒より厳しくなると言われている22年卒で、自分は何がこれから大事か、またどのような仕事がくるのかわかりません。

ベストアンサー

2020/5/21 18:21:28

回答者回答者

衣食住の変動が少ないとは思えません。
今回のコロナ騒ぎで食は大ダメージ(宅配は好調)、住も不動産が売れずに下落。
これから先、在宅ワーク家で楽しむコンテンツが発達したら衣の出番も今まで以上に減るかもしれません。

まとめ

今回の相談者さんは、これから先どのような職種を選べば良いか迷っている、22卒の就活生の方。

衣食住の職業についた方が変動は少ないのでしょうか?」といった質問をされていましたが、回答者さん同様、筆者もむしろ衣食住は大変動していて大変になると感じます。

等サイトでは以前に「2020年4月末までのコロナ倒産 大打撃の3業種」という記事で、「旅館・ホテル」「飲食店」「アパレル・雑貨小売」がとくに影響を受けているというお話をしました。

そしてさらにニュースに目を向けると、

「タクシー運転手100人解雇(岡山)」2020年05月30日 15:47
参考:タクシー運転手100人を解雇 岡山、コロナで売り上げ減:山陽新聞デジタル|さんデジ

「コロナ関連解雇、7万5千人に 小売業で1万人超える」2020年12月8日 15:24
参考:コロナ関連解雇、7万5千人に 小売業で1万人超える|琉球新報dijital

このように、様々な業界で続々と影響が広まっています。

働き方や仕事の在り方が大きく変化している時代の中で、これから期待できる仕事とはどのようなものでしょうか。

アフターコロナ・ウィズコロナでも伸びる職業は?

大打撃の理由をまず考える

新型コロナウイルスの流行によって、とくに大打撃を受けている業界に

  • 旅館・ホテル(旅行・宿泊業界)
  • 飲食(外食業界)
  • アパレル(アパレル業界)
  • タクシー(自動車業界、対個人サービス業界)

これらが思い当たります。

なぜ大打撃を受けているか、その理由の第一に「不要不急の外出がしづらくなった」ということが挙げられます。

それから、感染リスクを考慮し「他者との接触を極力避ける意識」が強まったことも影響しているでしょう。

上記の各業界でももちろんコロナ対策を行っているでしょうが、これほどの規模で個人個人の意識改革が起こってしまえばその大きな流れには抗い難いでしょう。

そして、もしこのコロナウイルスが終息するときが来たとして、果たして流行前の感覚に戻れる人が何人いるか。

時間を戻すことが出来ないことと同じように、「経験前に戻る」のではなく「経験を活かす」ということしか出来ないのではないでしょうか。

では、この経験を活かして「これからの人気職業」を考えてみましょう。

人気職業は自粛期間でも忙しい

外出自粛期間中、あなたはどのようなサービスを利用したでしょうか。

「インターネットを利用して商品を購入」したり、暇な時間に「ゲーム」をしたり。

外食も出来ないため「スーパーで買いだめ」したり「デリバリーで注文」したり。

あなたがこの自粛期間中にお金を払ったサービスこそが、これからも人気の職業なのではないでしょうか。

例として挙げると、

  • EC(情報・通信業界ほか)
  • ゲーム(ゲーム・コンテンツ配信業界)
  • スーパー(食品スーパー業界)
  • デリバリー(デリバリーフード業界)

などですね。

EC(インターネットでの買い物)に付随して、トラック輸配送業界の需要も高まりました。

それから、ドラッグストア・医薬品への需要ももちろん増え、今後しばらくは高まり続けるかも知れません。

日常生活オンライン化からビジネスシーンオンライン化へ

ECやデリバリー、スーパーなど、先ほど挙げた日常生活で欠かせないものたちもすでに「オンライン化」しています。

  • Amazon(ECサイト)
  • 楽天市場(ECサイト)
  • yahoo!ショッピング(ECサイト)
  • ZOZOTOWN(ECサイト)
  • UberEats(デリバリーサイト)
  • 出前館(デリバリーサイト)
  • おうちでイオン(ネットスーパー)
  • ライフネットスーパー(ネットスーパー)
  • アイワイネット(ネットスーパー)
  • マルエツスーパー(ネットスーパー)

企業がそれぞれの「オンラインストア」を持つことは当たり前となっており、これは何もコロナウイルス流行に係る流れではなく以前からそうでした。

こうした「日常生活で利用するオンライン」とは別に、コロナウイルス流行に伴い「ビジネスシーンでもオンライン化」が必要な社会になりつつあります。

それが、「テレワーク」「リモートワーク」「オンライン会議」「オンライン面接」などです。

一昔前までは耳にすることの無いこれらの言葉は、このコロナウイルス流行に合わせて広く知られるようになりました。

実際に会うわけではなく画面越しで会話や仕事をする方法ですが、今や多くの企業が取り入れ「ニューノーマル」になってきています。

まとめのまとめ【IT技術は廃れない】

さて、ここまで見てきていかがでしたでしょうか。

筆者としては、業界・職種の垣根を超え広範囲にわたって「IT技術」が不可欠になってきているなと、このように感じました。

コロナウイルス流行前からそう思っていましたが、今ではさらに追い打ちをかけてそう思うようになりました。

これから先、何かのスキルを身につけたいけど何が良いか分からない…そう思っているのであれば、「IT技術」をおすすめしたいです。

10代20代の若い世代にももちろんおすすめしたいですが、30代40代でIT未経験から学習しても損ではないと思っています。

実際に、お笑い芸人の東京ダイナマイト ハチミツ二郎さんも、45歳未経験からIT企業の社員となりました。

関連記事:45歳でIT企業の会社員になったお笑い芸人 東京ダイナマイト ハチミツ二郎さん

今はインターネット上に、無料でIT技術が学習できるサイトがたくさんあります。

関連記事:【未経験から学べるプログラミング】無料でも使えるオンライン学習サービス日本語対応サイト20選

是非、あなたに合ったプログラミング言語や技術に出会い、これからのアフターコロナ・ウィズコロナ時代に活かしていこうではありませんか。