【資格・検定】実用数学技能検定

公益財団法人 日本数学検定協会が主催する、数学・算数に関する能力をどの程度有するかを試す検定です。
文部科学省が後援しており、国外でも人気の資格です。

詳細情報

受検資格

誰でも受検可能

受検方法

個人受検
申し込み受け付け期間中に、
(1)インターネットで申し込む。
(2)コンビニエンスストアに設置の情報端末から申し込む。
(3)郵送で申し込む。
参考:個人受検について

参考:受検会場一覧

※団体受検の記載は省略しています。

受検級

数学検定
⇒1級、準1級、2級、準2級、3級~5級
(1次:計算技能検定、2次:数理技能検定)

算数検定
⇒6級~11級、かず・かたち検定
※2020年度4月検定より、9~11級は個人受検不可。

申込期間・実施日程

【2020年度】
・第353回:【申込】2020/2/10~2020/3/3(2020/3/8※) 【実施】4月12日(日)
※申込締切日をCBTS「受験サポートサイト」からの申し込みに限り、3月8日(日)まで延長
・第357回:【申込】2020/5/18~2020/6/9 【実施】7月18日(土)
・第361回:【申込】2020/8/24~2020/9/15 【実施】10月25日(日)

級ごとの試験時間・出題範囲・合否基準・受検料

受検級 試験時間 出題範囲 合否基準 受検料(各税込)
1級 1次:60分
2次:120分
線形代数、
解析、
確率統計 ほか
 (個人受検でのみ実施)
1次:70%程度
2次:60%程度
7,800円
準1級 1次:60分
2次:120分
極限、
微分法・積分法、
曲線 ほか
1次:70%程度
2次:60%程度
6,700円
2級 1次:50分
2次:90分
指数関数、
円の方程式、
微分係数と導関数 ほか
1次:70%程度
2次:60%程度
6,000円
準2級 1次:50分
2次:90分
二次関数、
三角比、
確率 ほか
1次:70%程度
2次:60%程度
5,200円
3級 1次:50分
2次:60分
平方根、
二次方程式、
円の性質、
相似比 ほか
1次:70%程度
2次:60%程度
4,500円
4級 1次:50分
2次:60分
連立方程式、
三角形の合同条件、
四角形の性質 ほか
1次:70%程度
2次:60%程度
4,000円
5級 1次:50分
2次:60分
正負の数、
一次方程式、
平面図形 ほか
1次:70%程度
2次:60%程度
4,000円
6級 50分 分数を含む四則混合計算、
比例・反比例、
資料の整理 ほか
70%程度 3,000円
7級 50分 三角形・四角形の面積、
体積、
百分率 ほか
70%程度 3,000円
8級 50分 整数や小数の四則混合計算、
長方形・正方形の面積 ほか
70%程度 3,000円
かず・かたち検定 40分 10までの数、
大小などの規則を見いだす力、
○△□の形 ほか
15問中10問 2,500円

公式HP
公益財団法人 日本数学検定協会

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。

受検者の声

★★★★★

hitokage1

中学で必須だったので受けました。あまり数学が得意ではなかったから大変でしたが、
日頃の授業を頑張っていたからか合格できました!
その合格があって、数学への苦手意識がちょっとはうすらいだようなー・・・

hitokage2right

二次試験がいい感じなレベル
簡単でも難しくもない

★★★★✩

hitokage1

中学生の時に授業の一環で受験しました。役に立ったかどうかはわかりませんが、内心表には記載できたので良かったかなと思いました。

hitokage2right

準2級までスムーズだったが、2級は難解で特に2次試験は、問題の運不運があり、1次合格後、2準は2会計目でようやく合格できた。わかる問題が出て運が良かったと思う。過去問が少なすぎて勉強するのが難しかった!

★★★✩✩

hitokage1

学校で習ったことを復習できた

hitokage2right

とても頭を使ういい資格

★★✩✩✩

hitokage1

受験にも役に立ちます