JACリクルートメントイメージ



JACリクルートメント』には、本当に登録すべき?

転職エージェント選びで失敗しないためにも、JACリクルートメントについて事前に評判を確認しておきたいですよね。

  • どういう人に向いている転職エージェント?
  • 高収入求人が多いって本当?
  • コンサルタントのサポートは良い?

これらのような疑問は、今のうちに解決しておきましょう。

この記事では、多くの口コミや評判、公開されている資料などからJACリクルートメントを徹底解説しています。

最後まで読んで頂くことで、あなたがJACリクルートメントを利用するべきかどうかの判断ができるようになっています。

それでは早速、JACリクルートメントについて見て行きましょう。

JACリクルートメントってどんな転職エージェント?

JACリクルートメントは、管理職、専門職など、ハイキャリア・高年収人材に強い、大手転職エージェントです。

また、外資系企業海外進出企業への転職支援実績も豊富で、希少なポジションの求人も多く扱っています。

高年収の求人(年収600万〜2,000万)を中心に扱っているサービスなので、現在の年収が500万以上の転職希望者であれば、登録だけでもしておいて損はないです。

JACリクルートメントの概要
取り扱う求人 下記の求人以外、全職種、全業種

  • 船内荷役等 港湾労働法第2条第2号に規定する港湾運送の業務
  • 建設現業職
取引企業数 約25,000社
非公開求人 約60%
コンサルタント数 約800人
地域・拠点 東京本社、横浜支店、名古屋支店、静岡支店、大阪支店、京都支店、神戸支店、広島支店
利用年齢制限 とくになし
利用者層 主に30歳以上
年間登録者数 約67,000人
運営会社 株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント

注意

年収が500万以下の場合、無料登録時の「現在の年収」の選択項目が”最低500万~”であるため、登録が出来ません。

また、これまでのキャリア・実績に乏しい場合も、登録しても採用される可能性が低く、あまりメリットはないでしょう。

20代〜30代であれば「マイナビエージェント」、40代以上の年代ならば「リクルートエージェント」などに登録したほうが、求人を紹介してもらいやすいです。


JACリクルートメント4つのおすすめポイント

転職エージェントに特化したサービス

JACリクルートメントイメージ3



転職サービスを提供する会社の多くが、転職サイトを運営しながら転職エージェントを抱えています。

つまり、エージェントによる転職支援は、複数のサービスのうちの1つとして位置づけられていることが多いのです。

対してJACリクルートメントは「転職エージェント形式のみ」に特化しているため、転職者の状況に合った質の高いコンサルティングを可能としています。

JACリクルートメントにはこのような質の高いプロフェッショナルコンサルタントが約800名在籍しており、日本国内の両面型の人材紹介サービスにおいては、業界最大規模の人数を誇ります。

用語解説

両面型とは

企業と転職希望者の双方を一人のコンサルタントが担当するスタイルのことを指します。

ミドル層のキャリアアップに強い

以下のグラフは、JACリクルートメントを利用した転職決定者の年齢のグラフです。

JACリクルートメント資料2



JACリクルートメントを利用した転職者の年齢層は、35歳以上74%を占めています。

30代~40代になると、管理職を経験している方々も増えてきます。

そういった立場の人が、今後を見据えたキャリアアップを望んでいるケースも少なくありません。

キャリアアップを望んではいるけど、

  • 具体的な方法が分からない…
  • 自身の客観的な市場価値が分からない…
  • 本当に今、動いて大丈夫なのだろうか…

という思いから、動き出せない人も多いのではないでしょうか。

JACリクルートメントのキャリアコンサルタントは、もともと各業界のスペシャリストだった人も多く、転職希望者の市場価値や、現在の転職市場の動向について客観的に見たアドバイスをもらうことが出来ます。

それぞれの業界の事情や必要とされるスキルについて正しく理解しているキャリアコンサルタントだからこそ、適切なアドバイスを行うことが可能になります。

また、JACリクルートメントが公開している求人情報は全体の約40%であり、残りの60%は直接転職エージェントを通じてのみ紹介される非公開求人となっています。

他の転職サービスでは扱っていない非公開求人が多いのも、JACリクルートメントを活用する大きなメリットの1つと言えるでしょう。

JACリクルートメント利用者のキャリアアップに関する口コミ

経営管理部長/34歳 男性
前職:経理マネジャー
年収:20%アップ
男性
■希望に沿った求人の紹介案件数
大変満足しています。
CFOキャリアに資する転職を希望していましたが、マザーズ上場企業の経理マネジャーからIPO有望ベンチャーのCFO職への転職が叶いました。
豊富に案件を扱っているので、希望する求人が全くないということはないと思います。
アドバイザーの方はその職種・業界の景況感や内容についてもある程度把握しているので、アンマッチな紹介を受けることもあまりないと思います。

■アドバイザーからのアドバイスで、特に役立ったことはありますか?
企業と紹介会社のリレーションが強い場合、面接官が誰であるか、組織はどういう状況なのかを事前にアドバイス頂けるケースがあり、面接に挑む際のシュミレーションがし易かったです。
また私はあまり必要なかったのですが、職務経歴書も目を通してもらえるので書類通過しやすい内容に添削してもらえることもあると思います。

■人材紹介会社を今検討している人に、「人材紹介会社の選び方・比較ポイント」としてどのようなアドバイスをしますか?
幅広く豊富に求人を扱っている大手紹介会社と、自分の希望する職種・業種に特化している紹介会社の2社には少なくても登録して転職を進めることをおすすめします。
大手は対応が事務的ですが不備が少ないので、安心して任せることができます。
特化系は大手が扱っていない独占案件を紹介してもらえる可能性があり、企業とのリレーションが強いケースがあるからです。

引用元: 【口コミレポート&ランキング】利用者の生の口コミレポート満載♪/人材紹介/JACリクルートメント/ボウイさんの口コミ
引用元URL:https://www.kuchikomi-s.com/jinzai/a_jac/boui.html
引用項目:
■希望に沿った求人の紹介案件数
■アドバイザーからのアドバイスで、特に役立ったことはありますか?
■人材紹介会社を今検討している人に、「人材紹介会社の選び方・比較ポイント」としてどのようなアドバイスをしますか?

質の高いハイキャリア求人を多く扱っている

以下のグラフは、JACリクルートメントを利用した転職決定者の職種のグラフです。

JACリクルートメント資料4



JACリクルートメントには、実務経験を活かしてキャリアアップできる案件が豊富で、管理職・マネジメント職の求人が充実しています。

また、JACリクルートメントの求人数は約25,000件と、他の大手転職エージェントと比較すると少なめではありますが、海外転職を含めたハイキャリアな求人を取り扱っているために、質の高さで勝負しているエージェントと言えます。

JACリクルートメント資料3

外資系・金融系企業の求人に強い

グローバルイメージ



JACリクルートメントは、日本のみならず英国ドイツアジア8か国に広がる独自のグローバルネットワークを持っています。

日本国内にいるとなかなか手に入らない海外企業情報についても、海外拠点の状況など独自のネットワークでリアルタイムの情報を得ることができます。

だからこそ、外資系企業や金融系企業への転職を得意とし、更には海外勤務の実現も叶えています。

これまで多数の転職希望者を導き培ってきたノウハウは、グローバルな働き方を目指す転職希望者にとって、かなり心強いサポートになるでしょう。

例えば外資系企業への転職では、応募時に英文レジュメの提出が必要になります。

JACリクルートメントキャリアコンサルタントの英文レジュメ作成ノウハウを用いた的確なアドバイスで、最大までブラッシュアップしたレジュメを応募に使用することができます。

また、転職者自身が海外勤務における年俸交渉を行うのはかなり難易度が高いとされています。

このような交渉においても、JACリクルートメントのコンサルタントが代行してくれますので安心できます。

JACリクルートメント利用者の外国語の活かせる仕事へ転職した口コミ

貿易事務/33歳 女性
前職:日本語教師
年収:20%年収アップ
女性
■実際に使用して、JACリクルートメントの強みは?
やはり外資系や、グローバルな展開をしている会社の紹介が多いと思います。
他の求人サイトだと、英語を活かせる仕事で検索すると数件しかヒットしませんが、JACリクルートメントだと非公開求人も含めさまざまな選択肢がありました。
また面接前にメールで、過去に面接したことがある人の情報をもとに、質問の傾向面接の雰囲気を教えてくれるのも良かったです。

■アドバイザーからのアドバイスで、特に役立ったことはありますか?
「志望理由をもっと具体的にして、入社後にどんなことができるかアピールした方がいい」とアドバイスをもらいました。
事前に社長のインタビューや企業情報のサイトを教えてもらっていたので、もう一度それらを熟読し、企業理念にそった志望理由や入社後のビジョンを考え、アドバイザーに再提出。
その内容でOKが出たので、暗記して面接で伝えました。
履歴書や職務経歴書ではなく、面接で話すことを添削してもらう経験はなかったので、ためになりました。

引用元: 【口コミレポート&ランキング】利用者の生の口コミレポート満載♪/人材紹介/JACリクルートメント/ヒトミさんの口コミ
引用元URL:https://www.kuchikomi-s.com/jinzai/a_jac/hitomi.html
引用項目:
■実際に使用して、JACリクルートメントの強みは?
■アドバイザーからのアドバイスで、特に役立ったことはありますか?


企画、営業/32歳 男性
前職:営業、経営
男性
■JACリクルートメントを選んだ決め手は?
<外資系や語学スキルを使った求人が多い・多そう>
今回は中国語を使える仕事をメインに応募しました。
JACリクルートメントは語学スキルを使った応募先が多く、また海外就職支援のサービスも充実しております。
シンガポール、台湾、香港などの案件もご紹介頂きました。

■他社と比較・検討しましたか?
パソナDODAなどのアドバイザーがいる人材紹介会社にも登録しましたが、そのなかでもJACリクルートメントは海外も含め語学案件が多かったです。

■求人件数の豊富さ
転職希望条件が中国語技能を生かす要望を出したため、人材紹介会社としては非常に難しい案件だったと思いますが、JACリクルートメントは海外も含め中国語を生かす、英語を生かすといったような語学を使った求人はたくさんあり、満足しています。

■希望に沿った求人の紹介案件数
概ね満足ではあるものの、シンガポールで中国語と英語を必要とする案件に応募したいとお願いした際に、英語力が足りないとの理由でアドバイザー判断で応募不可と言われました。
もちろん紹介者の信用もあると思いますが、チャレンジをさせて頂ける環境を整えるのも人材紹介会社の仕事の一部だと思い、残念に感じました。

引用元: 【口コミレポート&ランキング】利用者の生の口コミレポート満載♪/人材紹介/JACリクルートメント/niniさんの口コミ
引用元URL:https://www.kuchikomi-s.com/jinzai/a_jac/nini.html
引用項目:
■JACリクルートメントを選んだ決め手は?
■他社と比較・検討しましたか?
■求人件数の豊富さ
■希望に沿った求人の紹介案件数

GoodJobPoint

転職希望者さんは、「チャレンジしたい」という気持ちだった案件をアドバイザー判断で断られたことが残念に感じたとおっしゃっていますが、アドバイザーはあくまで中立の立場。
高品質な人材を求めている企業に、本当に紹介出来るスキルかどうか、まずはアドバイザーを納得させる必要があります。
伸びしろ採用」ではなく「即戦力採用」が重視されるということがわかります。

JACリクルートメント活用時の注意点・デメリット

注意イメージ

キャリアアドバイザーからドライな印象を受けるかも?

JACリクルートメントのキャリアアドバイザーの口コミには「対応がドライすぎる」という意見が多いです。

いくつかの口コミにも、そのような感想が書かれていました。

webマーケティング/28歳 男性
前職:マーケティング
男性
■アドバイザーの対応
概して満足しております。
まずレジュメの添削や、プレゼンテーションの仕方、要点などをわかりやすくまとめて教えていただくことができました。
具体的には、レジュメにおける必要の無い記載の削除・要約、また面接における自身のキャリアの表現方法(営業での成績がただよかったと言うだけではなく、〜という理由から成績を高いレベルで保持できました・・etc)などです。
また私が忙しく日中ほとんど連絡がつかないため、22時など遅い時間や土曜日にご対応いただいたこともあり、コンサルタントの方が非常に柔軟に対応してくれるというイメージがあります。
不満という点はないのですが、結果的に希望企業から内定が出なかった(おおよそ同じレベルの企業には他人材会社経由で内定が複数出ました)こともあり、私の能力の問題もありますが、求人企業への調整や押しの部分でドライなイメージあります。

引用元: 【口コミレポート&ランキング】利用者の生の口コミレポート満載♪/人材紹介/JACリクルートメント/fridayさんの口コミ
引用元URL:https://www.kuchikomi-s.com/jinzai/a_jac/friday.html
引用項目:
■アドバイザーの対応

非常にドライなエージェントが多い印象です。
エージェントのコミッション体制をわかってますが、非常にドライ、親身でない、紹介した案件以外は取り繕わないエージェントです。

引用元: みんなの評判ランキング| 生の声を届ける口コミ投稿サイト/転職エージェントの口コミ・評判ランキング/JACリクルートメント
引用元URL:https://minhyo.jp/jac-recruitment
引用項目:
■さっちゃんさんの口コミより一部抜粋

転職回数が多く、そのせいか書類選考で落とされることが多かったのですが、JACに登録してからは書類選考通過できるようになりました。
紹介される求人の質が丁寧に吟味されたものだったのが理由の一つかと思います。
コンサルタントも良い意味でドライで無駄がなかったです。
第二新卒や、転職経験が少ない人には面談時の同行がありませんので、心細く感じるかもしれません。

引用元: みんなの評判ランキング| 生の声を届ける口コミ投稿サイト/転職エージェントの口コミ・評判ランキング/JACリクルートメント
引用元URL:https://minhyo.jp/jac-recruitment?page=2
引用項目:
■なつさんの口コミより

ハイクラスの案件や同業種のスキルアップを得意とするJACリクルートメントに対し、キャリアが低く見られたりすると冷たく対応されてしまうのかも知れません。

JACリクルートメントがおすすめな人

JACリクルートメントをおすすめ出来る人は、「転職市場価値が高い人」です。

具体的に挙げると、

  • マネジメント経験がある
  • 外国語を扱える能力がある
  • 特定スキルに関してスペシャリスト
  • 現時点の年収が500万円以上
  • 高学歴

これらの条件のうち、を満たしているようであればJACリクルートメントに必ず登録するべきでしょう。

そうでない場合は、「マイナビエージェント」や「リクルートエージェント」といった転職サービスの利用を検討しましょう。

JACリクルートメントと併用すると効果的な転職サービス

組み合わせイメージ



いくつかの口コミでも出ていましたが、JACリクルートメントの利用に併せてもう2~3社の別の転職サービスにも登録されることをおすすめします。

その理由は、より自身にマッチする求人に出会える可能性を最大限に高めるためです。

また、JACリクルートメントはじめとするエージェント形式の転職サービスにおいては、担当エージェントとの相性も転職の成功に大きく関わる部分です。

それから、転職サービスによってそれぞれ強みをもつ業界・企業も異なってきます。

複数の転職サービスに登録して幅広く視野を持つことにより、転職活動を有意義に進めやすくなるでしょう。

ここでは、目的別にJACリクルートメントと併せて利用するべき転職サービスの組み合わせを紹介していきます。

どれも無料で利用できるサービスであるため、必要に応じて利用することをおすすめします。

求人の選択肢を充実させたい⇒「リクルートエージェント」

リクルートエージェントイメージ1



リクルートエージェントは、国内最大の求人数転職成功実績を誇る転職サービスです。

JACリクルートメントと組み合わせることで、より多くの求人の選択肢を持てるようになり、より自身に合った道を見つけやすくなるでしょう。

転職での難所である「採用面接」必勝法が学べる無料セミナーや、各企業の特色や選考でのポイントを担当コンサルタントが提示してくれる「エージェントレポート」といった独自のサービスが充実。

転職活動を進めていくうえでの大きなアドバンテージとなりえます。

求人の選択肢を広げながら最適な企業への転職を達成したい場合は、リクルートエージェントの活用も視野にいれてみましょう。

【関連記事】リクルートエージェントってどんな転職エージェント?評判、口コミ、特徴は?

外資大手への転職を目指している⇒「ロバート・ウォルターズ」

ロバート・ウォルターズイメージ1



ロバート・ウォルターズは、世界31カ国で人材ビジネスを行っている転職エージェントで、日本においては東京オフィス、大阪オフィスがあります。

世界有数のグローバル企業をはじめ、ベンチャー企業中小企業に至るまで、幅広い企業をサポートしています。

中でも、外資系・日系グローバル企業の人事担当者との長期的な信頼関係から、一般に公表できない非公開の求人情報や、英語力を活かしたグローバル企業の求人を多く紹介しています。

外資系大手への転職を目指している人は、ロバート・ウォルターズも併せて利用すると良いでしょう。

【関連記事】ロバート・ウォルターズってどんな転職エージェント?評判、口コミ、特徴は?

ITエンジニアとして転職したい⇒「レバテックキャリア」

レバテックキャリアイメージ1



レバテックキャリアは、ITエンジニア・クリエイターに特化した転職エージェントです。

一般的な人材紹介会社としては知名度がそれほど高くないですが、IT業界の転職においては名の知られた転職エージェントです。

ITエンジニア・クリエイターに特化しているので、常に流動的なIT業界の最新情報から転職市場価値を適切に判断してくれます

そんなレバテックキャリアのエージェントからの様々な情報を得ることで、転職後のキャリアに大きくプラスになるでしょう。

関東圏、関西圏に強みがあります。

【関連記事】レバテックキャリアってどんな転職エージェント?評判、口コミ、特徴は?

JACリクルートメントの特徴・評判・メリット まとめ

JACリクルートメントの転職サービスにおける特徴、評判、メリットを、最後にまとめて見てみましょう。

  • 転職エージェントに特化している
  • 転職エージェントのサポート、コンサルティングが高品質との評判が多い
  • 外資系・金融系企業の求人に強い
  • 30代後半~40代のミドル世代、ハイクラス転職に強い

JACリクルートメントを利用する一番のメリットは、「転職エージェントの品質の高さ」「外資系・ハイクラスの求人の数」といったところでしょう。

更なるステップアップを目指す転職で、かつ専門のコンサルタントからの支援をしっかり受けたいという場合には、JACリクルートメントはおすすめの転職サービスです。

【併用したい転職サービス】