【資格・検定】パソコン整備士検定

メーカ・ベンダーにとらわれない、実用重視の資格試験です。
エンドユーザからIT関連業務従事者まで、幅広い層に対応しています。

詳細情報

受験級

・1級
・2級
・3級

受験資格

【1級】2級に合格していること
【2級】3級に合格していること
【3級】誰でも受験可能

申込方法

随時インターネット申込
※2020年5月18日(月)1:00~7:00にメンテナンス予定

試験方式

CBT方式(コンピュータ試験)

級ごとの概要

修得範囲 出題範囲 受検料(税込)
1級 ・企業内LANの構築・導入・管理およびトラブル対応知識と技術
・情報倫理規定を理解し、情報セキュリティ技術を修得
■サーバ構成
■サーバ運用と保守
■企業ネットワーク
■トラブルシューティング
■情報倫理
6,600円
2級 ・家庭での利用で、数台のパソコンをネットに接続する知識と技術
・情報倫理関連法規に関する基本的な知識
■ハードウェアの上位知識と設定
■ソフトウェアの知識
■ネットワークの構成
■インターネットセキュリティ
■トラブルシューティング
■情報倫理
3級 ・個人利用でパソコンのトラブルの原因が把握できる知識
・最低限必要とされる情報倫理(ネチケット)を修得
■ハードウェアの知識
■ソフトウェアの知識
■インターネット接続
■インターネットセキュリティ
■トラブルシューティング
■情報倫理

公式HP
特定非営利活動法人 パソコン整備士協会

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。

関連書籍等

パソコンの基礎

価格:
3,300円(税込) 特定非営利活動法人パソコン整備士協会

本書は、パソコンのハードウェア/ソフトウェア/セキュリティの基礎知識を養うことにより、市販のアプリケーションソフトのインストール、インターネットへの接続設定、簡単な不具合の対処等ができ、家庭や職場でパソコンを活用できるようになることを目的としたものです。