【シリーズ:就職・転職に関するお悩みQ&A】コロナ禍ですが、転職活動をしていて内定頂きました。

就職・転職に関するお悩み事例を取り上げるシリーズです。

コロナ禍ですが、転職活動をしていて内定頂きました。

2020/5/6 08:36:11

相談者相談者

コロナ禍ですが、転職活動をしていて内定頂きました。

ですが、内定を承諾すべきかどうか悩んでいます。
仕事内容は、転職先のほうに魅力を感じております。
やはり、最後に決め手となるのはお給料でしょうか?
何をもって転職を決意すべきだと思いますか?
皆様のご意見を教えてください。

ベストアンサー

2020/5/9 14:45:03

回答者回答者

私の転職する上での決めては楽しさを感じるかです。
どんなに人よりも良いお給料貰っても、楽しくもないことを人生の大半の時間を使ってやりたくないです。
人生は一度きり、お給料はそこそこ貰えるけど楽しさを感じない仕事を定年までやるのか、はたまたお給料はすこし物足りないけど楽しい仕事をするのか?
私だったら後者を選びます。
あと、楽しいと感じることを仕事にすれば自ずとそれなりのお給料貰えるようになります。
なので結果的にお金も手に入るし、心も満たされ自分の人生もより豊かなものになるんじゃないかなとおもいます。

ベストアンサー以外の回答①

2020/5/7 03:47:45

回答者回答者

貴方のやりたいことです。

ベストアンサー以外の回答②

2020/5/6 10:00:53

回答者回答者

いいえ
転職活動の目的と達成条件をもとに決意すべきと思います

ベストアンサー以外の回答③

2020/5/6 10:00:20

回答者回答者

「何をもって転職を決意すべきだと思いますか?」
*その業態と自らが就く職種とが、コロナの影響をどこまで受けそうか
…この熟慮検討に尽きますよ。
緊急事態宣言が解除されたら「ハイこれで終わり、何もかも元どおり」とはいきませんからね。
未曽有の世界的異常事態なのです。
半年前の一般論では片づけられないですよ、むしろこれから世間に何が起きるのかで…

ベストアンサー以外の回答④

2020/5/6 09:54:29

回答者回答者

私はやり甲斐と給与のバランスで決めました。

まとめ

今回の相談者さんは「転職の決め手」に関しての相談でした。

回答者さんの中では”仕事のやり甲斐”を最も重視していて、給与の金額はその次、という方がやや多かったようです。

わたしの周りにも「今の仕事、給料は良いんだけどやり甲斐を感じない」という方はいました。
しかしその真逆「やり甲斐はあるけど給料が少ない」という不満を持っている人もいました。

わたしの意見では、やり甲斐を感じていない方のほうが転職に踏み切るスピードが速いと感じていますので、精神的に辛いのはやはり「やり甲斐を感じない仕事をしている」人なのだと思います。
人間関係や通勤事情などの要素も絡んでくると思うので一概には言い切れませんが、結局は自分が「やり甲斐」か「給料額」どちらを重視する人間になるのかを徹底的に考えて判断を下すと良いのではないかと思います。

それから、一部の意見でもあった「コロナウイルス」の影響です。
2020年以前のライフスタイルへの完全な復元は不可能と言われており、この問題は当然、2020年5月現在(緊急事態宣言発令中)だけの問題ではなく、今後の未来の仕事や働き方への変化ももたらしてくるでしょう。
消えてしまう会社、残り続ける会社。
そういった要素も、これからの就職・転職に大きく関わってくるのは間違いないでしょう。

「将来性のある会社」を見極めることを前提とし、自分自身が「やり甲斐」と「給料額」のどちらを重視するかを考えると良いのではないでしょうか。

このような悩みすら、”贅沢な悩み”になっていくほどの氷河期が到来しないことを祈るだけです。

あなたにオススメの情報

営業の転職なら
マイナビ Sales&MarketingAGENT

グルーヴ・ギア 株式会社
【GEEK JOBキャンプ】未経験からプログラマーへの転職率95.1%!20代第二新卒/フリーター向け

マンパワーグループ株式会社
エムシャイン(無期雇用派遣)