【シリーズ:就職・転職に関するお悩みQ&A】転職活動中にスカウトがきました。

就職・転職に関するお悩み事例を取り上げるシリーズです。
※質疑応答形式で進むために、話が飛んだりしている部分や、一部読みづらい部分などを編集させていただいております事をご了承ください。

転職活動中にスカウトがきました。

2020/5/19 07:50:03

相談者相談者

転職活動中にスカウトがきました。
社名は伏せてあるのですが業種などから特定できました。
その会社のホームページを見たところ、スカウトされた業種については「募集しておりません」でした。
掲載されているのは新卒、第二新卒のみ。
中途採用をホームページに載せない理由は何でしょうか?

ベストアンサー

2020/5/19 14:29:35

回答者回答者

大手企業の場合、中途の求人の多くは公には出しません。

ハローワークや求人誌なんかはもってのほか。
転職サイトや自社HPにも出さないのが普通です。

出さない理由は、いらない応募がたくさん集まってしまうからです。
書類を見て不採用通知を送るだけでも、膨大な無駄な業務になってしまうんです。

だから、企業側からスカウトするか、エージェントに非公開求人として出してエージェントに0次選考をしてもらい、箸にも棒にもかからない応募者がいなくなるようブロックしているんです。

ベストアンサー以外の回答①

2020/5/19 11:45:19

回答者回答者

応募が殺到するとめんどうだからでしょう。

ベストアンサー以外の回答②

2020/5/19 09:07:00

回答者回答者

窓口の一本化。
有料求人媒体の方がアレコレ伝えてくれる記事作りしてくれるから。
金かけないと企業独自のリクルートサイトは作れないし。

ベストアンサー以外の回答③

2020/5/19 08:38:02

回答者回答者

会社側が来て欲しい人じゃない人からの応募が来て、煩雑だから。

2020/5/19 17:18:37

相談者相談者

ありがとうございます。
理解出来ました。

まとめ

今回の相談者さんは、転職活動中にスカウトが来たという方。
質問内容は「中途採用をホームページに載せない理由は何でしょうか?」ということ。
その理由は、それぞれの回答者さんが言っていたとおり、「無駄を省いて目的を達成するため」ということのようですね。

そのとき企業側(採用する側)が望む人材によって、能動的(スカウト・DMなど)か受動的(HP・転職サイトなど)かを使い分けているようです。

あなたにオススメの情報

若手転職エージェント
キャリアスタート

【GEEK JOBキャンプ】
未経験からプログラマーへの転職率95.1%!20代第二新卒/フリーター向け