「業種」「業界」「職種」ってどう違うの?

業種、業界、職種…似ている言葉ですが、あなたはそれぞれの違いが分かりますか?
なんとなく分かっているけど、しっかり説明する自信はない…そう思っていませんか?
混乱しやすいこれらの言葉、今一度しっかり見て行きましょう。

業種とは

事業や営業の分野の種類のことを言います。

また、日本取引所グループのホームページには以下のように記載されています。

業種(ぎょうしゅ)
証券コード協議会が「業種別分類に関する取扱い要領」という規則を定めており、それに基づいて同協議会が個別の株式公開会社について業種を決定しています。同取扱い要領では、業種を分類する基準は、総務省が定める「日本標準産業分類」に準拠するものとされており、同協議会が各社の事業内容等から「日本標準産業分類」のどの分類に該当するか判定した後、その結果に基づいて、同協議会の「業種別分類項目」のどの分類に入るかを定めています。
「業種別分類項目」は、10の大分類の下に33の中分類があり、通常「業種」といった場合は、建設業、食料品、電気機器など、この中分類を指すことが一般的です。東京証券取引所では、同協議会の定める業種を採用し、業種別株価指数等を公表しているため、東証33業種と呼ばれることもあります。

証券コード協議会による業種別分類項目

 

業種
大分類 中分類
水産・農林業 水産・農林業
鉱業 鉱業
建設業 建設業
製造業 食料品
繊維製品
パルプ・紙
化学
医薬品
石油・石炭製品
ゴム製品
ガラス・土石製品
鉄鋼
非鉄金属
金属製品
機械
電気機器
輸送用機器
精密機器
その他製品
電気・ガス業 電気・ガス業
運輸・情報通信業 陸運業
海運業
空運業
倉庫・運輸関連業
情報・通信業
商業 卸売業
小売業
金融・保険業 銀行業
証券、商品先物取引業
保険業
その他金融業
不動産業 不動産業
サービス業 サービス業

つまり、業種は一般的には33種類あるということですね。

業界とは

同じ仕事をしている人や企業、また、業種や商品・サービスを同じくする仲間。
また、そういう人々の社会のことを指します。

例えば、サービス業という業種に存在する業界。
・外食業界
・美容業界
・広告業界
・ペット業界
・娯楽業界
・ブライダル業界
・ホテル業界
などなど、じつに様々な業界があります。

職種とは

企業内の役割のことを指します。
これまで見てきた「業種」「業界」は”企業のポジション”を示す言葉だったのに対し、職種は”人のポジション”を指す言葉です。
職種の大分類で言うと、営業職や販売職、事務職やコンサルタント職などがあります。
営業職で言えば、さらにその中に法人営業や個人営業、ルート営業などの種類があります。

まとめ

「業種」「業界」「職種」の違いを見てきました。
・業種=33種類の分類される分野
・業界=各業種に存在する同業社会
・職種=業界内での役割
例えると、
サービス業(業種)>美容業界(業界)>販売職(職種:美容部員など)
このような関係性ですね。

「業種は?」「職種は?」と尋ねられたとき、困らないよう覚えておくと良いでしょう。