「BtoB」「BtoC」「CtoC」「DtoC」説明できる?

たびたび耳にする、これらアルファベットを組み合わせたビジネス用語。
幾多の組み合わせが、世の中に溢れていますよね。

その中でも今回は、「マーケティング用語」に触れていこうと思います。

これらの用語を、説明無くいきなり使ってくる先輩もしばしば居たりします。
いざそんな時に困らないように、今のうちにしっかり覚えておきましょう。

「BtoB」とは

「BtoB」は、business to business(ビジネス トゥ ビジネス)のことで、企業が企業に向けて商品やサービスを提供する取引のことです。

企業間取引と言われたりもします。

BtoBの例

例えば、わたしたちにとって、とても身近な企業であるコンビニ。
たくさんの商品が陳列されていますよね。
その大半の商品が、他の企業から仕入れている商品です。
企業(コンビニ)と企業(商品メーカー)の取引であることがわかります。

「BtoC」とは

「BtoC」は、business to customer(ビジネス トゥ カスタマー)のことで、企業が個人の消費者に対して商品やサービスを提供する取引のことです。

BtoCの例

例えば、紳士服店に行ったとします。
そこでわたしたち消費者が、スーツを購入する。
紳士服店(企業)とわたしたち(消費者)の取引であることがわかります。
このように、一般的な買い物はほぼBtoCにあたります。

「CtoC」とは

「CtoC」は、customer to customer(カスタマー トゥ カスタマー)のことで、一般の消費者が一般の消費者に商品を売るビジネスモデルのことです。

CtoCの例

例えば、一般の人が出店しているフリーマーケット。
そのお店から、わたしたち一般の客が商品を吟味し、購入します。
フリーマーケットに出店している人(一般の消費者)とわたしたち(一般の消費者)の取引であることがわかります。
またCtoCは、オンライン上でのフリーマーケットアプリの普及もあり、急速に伸びているビジネスモデルでもあります。

「DtoC」とは

「DtoC」は、direct to customer(ダイレクト トゥ カスタマー)のことで、製造者が直接消費者と取引を行うビジネスモデルのことです。

BtoCに似ていますが、BtoCとの違いは間に挟む他社があるかないかです。

DtoCの例

例えば、すでに有名で人気のある商品を製造している会社があるとします。
人気が高く売れていますが、他社の販売店に売ってもらわなければならないため、中間マージンを取られてしまい利益が少ない状況です。
そこで、自社ECサイト(商品販売サイト)を立ち上げました。
この会社のSNSにはすでに多くのフォロワーがいる状態だったため、ECサイトへの集客もすぐに可能でした。
こうして、売上から中間マージンを引かれることなく利益を上げられるようになりました。
ECサイト(製造者)とSNSユーザ(消費者)との取引ですね。

このDtoCも、SNSの普及などによって急速に伸びているビジネスモデルの一つです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
「誰から誰に」というマーケティング用語でしたが、様々なものがありましたね。
ほかにも「BtoE」や「GtoC」などがありますが、ビジネスシーンで使われることも少ないと思われる用語のため、機会があればまた今度お話しするかも知れません。
今回は「BtoB」「BtoC」「CtoC」「DtoC」だけ、是非覚えてくださいね。