「承知しました」と「かしこまりました」と「了解しました」ってどう違うの?

「わかりました」を意味するこれらの言葉。

どのような場面で、どのような相手によって使うべきものが分かれています。

それぞれ適切な場面で使い分けられるようにしておきましょう。

先輩・上司・取引先相手に使うべき「わかりました」は?

先輩・上司・取引先を相手にするような場合は、「承知しました」もしくは「かしこまりました」を使うと良いでしょう。

この2つは共に「謙譲語(けんじょうご)」にあたります。

敬語の中でも謙譲語は”自分がへりくだり、相手を立てるときに使う言葉”です。

そのため、先輩・上司・取引先の人への返答に最適です。

「承知しました」について

「承知」という意味ですが、「事情などを知る、または知っていること」という意味があります。

上司や取引先からの話に対し、その話を理解したということを伝えることができます。

また、「承知」の「承」だけの「承りました(うけたまわりました)」も同じ意味を持ちます。

「かしこまりました」について

「承知しました」と同等の言葉で、上司や取引先からの指示や命令に対し主に使われます。

また、漢字にすると「畏まりました」と書きますが、それほど広く認知されている漢字ではないですよね。

こういった、普段あまり利用しないような漢字を使ったビジネスメールは、時折、相手にとって失礼にあたる場合もあるので注意しましょう。

ビジネスメールでは平仮名で「かしこまりました」と記載したほうが無難です。

「承知しました」「かしこまりました」は同等、どう違う?

同等に利用できるこの2つの言葉ですが、少しだけ違いがあります。

  • 承知しました⇒上司・取引先からの話を「理解して受ける」
  • かしこまりました⇒上司・取引先からの「指示・命令を承る」

この少しの違いを意識していれば、問題なくビジネスシーンで使い分けることができるでしょう。

同僚・部下相手なら「了解しました」も可

これまでの2つが「謙譲語」だったのに対し、了解しましたは「丁寧語(ていねいご)」に分類されます。

敬語の中でも丁寧語は”聞き手に対し丁寧に話す言葉”です。

そう聞くと確かに、先輩や上司、取引先が相手でも使えそうな気がしますが、そこはやはり謙譲語を使うに越したことはありません。

「了解しました」は、同僚や部下に対して使うようにした方が良いでしょう。

「了解いたしました」であれば…

じつは、「する」の謙譲語である「~いたす」を付けた「了解いたしました」は、厳密に言えば先輩・上司・取引先相手であっても失礼にあたることはありません。

ただ、可能な限り使わない方が良いでしょう。

というのも、多くの企業だったりビジネスマナー講習などでは「了解しました」ではなく「承知しました」「かしこまりました」を目上の人に使うよう指導していることが主流です。

そこからいつのまにか「了解」という言葉自体を、目上の人に対し使うべきではないという風潮になっていきました。

なので、例え「了解いたしました」と悪意無く上司に言ったとしても、受け取り手である上司が不愉快に思ってしまう可能性もあります。

無駄なトラブルを避ける意味でも、先輩・上司・取引先相手には「了解」という言葉を使わない方が良いでしょう。

まとめ

こうしたビジネスマナーで最も重要なのは「相手がどう受け止めるか」ということです。

相手に良い印象を持たれた方が、物事を円滑に進めやすくなるでしょう。

あなたの置かれている立場やシーンに合わせた返事の使い分けができるようになれば、きっと周囲にも一目置かれる存在になれるのではないでしょうか。

そのためにも是非、今回のお話しを頭の片隅に置きながら行動してみてくださいね。