【資格・検定】保育士試験

保育の場で働くための国家資格です。
共働きの家庭が増え、保育士の社会的ニーズは一層高くなっています。
また、子育てや教育に関する業種に就職する場合にも、有効となりえる資格でしょう。

詳細情報

受検資格

大学卒業の場合

学校教育法に基づいた大学を卒業していること
※卒業した学校が「学校教育法に基づいた学校であるか」については、直接学校にご確認ください。
※保育士と関係ない学部・学科でも受験資格有。

大学在学中・中途退学の場合

学校教育法に基づいた大学に在学中の場合

2年以上在学しており62単位以上修得済みであること
※卒業した学校が「学校教育法に基づいた学校であるか」については、直接学校にご確認ください。
※保育士と関係ない学部・学科でも受験資格有。
※現在在学中であることだけでも受けられますが、年度中に62単位以上修得できなかった場合、あるいは在学期間が2年間に満たなかった場合は合格(一部科目合格)となりません。

学校教育法に基づいた大学を中退した場合

2年以上在学しており62単位以上修得済みであること
※卒業した学校が「学校教育法に基づいた学校であるか」については、直接学校にご確認ください。
※保育士と関係ない学部・学科でも受験資格有。

短期大学卒業の場合

学校教育法に基づいた短期大学を卒業していること
※卒業した学校が「学校教育法に基づいた学校であるか」については、直接学校にご確認ください。
※保育士と関係ない学科でも受験資格有。

短期大学在学中の場合

学校教育法に基づいた短期大学に在学中であること
※在学中の学校が「学校教育法に基づいた学校であるか」については、直接学校にご確認ください。
※保育士と関係ない学科でも受験資格有。
※年度中に卒業できなかった場合は合格(一部科目合格)となりません。

専門学校卒業の場合

学校教育法に基づいた専修学校を卒業していること
②卒業した課程が修業年限2年以上の専門課程であること
上記2点とも満たされている場合、保育士と関係ない学科でも受験資格有。
※上記2点のうち1点でも満たされていない場合
⇒高校卒業の年月日が平成3年3月31日以前(保育科の場合は平成8年3月31日以前)であれば受験資格有。
⇒高校卒業の年月日が平成3年3月31日以降(保育科の場合は平成8年3月31日以降)であれば受験資格確認ページより確認してください。

専門学校在学中の場合

学校教育法に基づいた専修学校に在学していること
②現在在学している課程が修業年限2年以上の専門課程であること
上記2点とも満たされている場合、保育士と関係ない学科でも受験資格有。(※年度中に卒業できなかった場合は合格(一部科目合格)となりません。)
※上記2点のうち1点でも満たされていない場合
⇒高校卒業の年月日が平成3年3月31日以前(保育科の場合は平成8年3月31日以前)であれば受験資格有。
⇒高校卒業の年月日が平成3年3月31日以降(保育科の場合は平成8年3月31日以降)であれば受験資格確認ページより確認してください。

高等学校卒業の場合

卒業年月日が平成3年3月31日以前(保育科の場合は平成8年3月31日以前)であること
※卒業年月日が平成3年3月31日以降(保育科の場合は平成8年3月31日以降)の場合
⇒2年以上かつ2880時間以上、児童の保護・援護に従事した経験なし
受験資格確認ページより確認してください。
⇒2年以上かつ2880時間以上、児童の保護・援護に従事した経験あり
受験資格に該当する施設

・ 保育所(利用定員20名以上)
・ 保育所型認定こども園
・ 幼保連携型認定こども園
・ 児童厚生施設(児童館)
・ 児童養護施設
・ 助産施設
・ 乳児院
・ 母子生活支援施設
・ 障害児入所施設
・ 児童発達支援センター
・ 児童心理治療施設
・ 児童自立支援施設
・ 児童家庭支援センター

上記施設での従事経験がある場合、受験資格有。
※該当するかは施設長もしくは所在する都道府県の保育主管課へ確認してください。

これら以外の

・ 認可外保育施設
 (認証保育園、認定保育園 等を含む)
・ 小規模保育事業(小規模認可保育所 等)
・ 幼稚園型認定こども園
・ 地域裁量型認定こども園
・ 幼稚園(特別支援学校幼稚部を含む)
・ 家庭的保育事業(保育ママ 等)
・ 居宅訪問型保育事業
・ 事業所内保育事業
・ 放課後児童健全育成事業
 (学童クラブ・放課後児童クラブ・学童保育 等)
・ 一時預かり事業
・ へき地保育(特例保育)
・ 小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)
・ 障害児通所支援事業(保育所訪問支援事業を除く)
・ 一時保護施設

・ 放課後等デイサービス(児童デイサービス)
・ 院内保育
・ 企業主導型保育事業 等

上記施設での従事経験がある場合、受験資格認定(知事認定)が必要のため手続き・制度の確認ページにて確認してください。

中学校卒業の場合

5年以上かつ7200時間以上、児童の保護・援護に従事した経験なし
受験資格確認ページより確認してください。
5年以上かつ7200時間以上、児童の保護・援護に従事した経験あり
受験資格に該当する施設

・ 保育所(利用定員20名以上)
・ 保育所型認定こども園
・ 幼保連携型認定こども園
・ 児童厚生施設(児童館)
・ 児童養護施設
・ 助産施設
・ 乳児院
・ 母子生活支援施設
・ 障害児入所施設
・ 児童発達支援センター
・ 児童心理治療施設
・ 児童自立支援施設
・ 児童家庭支援センター

上記施設での従事経験がある場合、受験資格有。
※該当するかは施設長もしくは所在する都道府県の保育主管課へ確認してください。

これら以外の

・ 認可外保育施設
 (認証保育園、認定保育園 等を含む)
・ 小規模保育事業(小規模認可保育所 等)
・ 幼稚園型認定こども園
・ 地域裁量型認定こども園
・ 幼稚園(特別支援学校幼稚部を含む)
・ 家庭的保育事業(保育ママ 等)
・ 居宅訪問型保育事業
・ 事業所内保育事業
・ 放課後児童健全育成事業
 (学童クラブ・放課後児童クラブ・学童保育 等)
・ 一時預かり事業
・ へき地保育(特例保育)
・ 小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)
・ 障害児通所支援事業(保育所訪問支援事業を除く)
・ 一時保護施設

・ 放課後等デイサービス(児童デイサービス)
・ 院内保育
・ 企業主導型保育事業 等

上記施設での従事経験がある場合、受験資格認定(知事認定)が必要のため手続き・制度の確認ページにて確認してください。

申込期間・実施日程

【2020年度】
・前期試験(申込:2020/1/31終了)
筆記試験:令和2年4月18日(土)、19日(日)
実技試験:令和2年6月28日(日)

・後期試験(申込:)
筆記試験:令和2年10月24日(土)、25日(日)
実技試験:令和2年12月13日(日)

受験料

12,950円(受験手数料12,700円+受験申請の手引き郵送料250円)

試験内容

筆記試験(前期)


試験日 試験科目 試験時間
4月18日(土) 1科目目: 保育の心理学 10:30~11:30
2科目目: 保育原理 12:00~13:00
3科目目: 子ども家庭福祉 14:00~15:00
4科目目: 社会福祉 15:30~16:30
4月19日(日) 5科目目: 教育原理 10:00~10:30
6科目目: 社会的養護 11:00~11:30
7科目目: 子どもの保健 12:00~13:00
8科目目: 子どもの食と栄養 14:00~15:00
9科目目: 保育実習理論 15:30~16:30

筆記試験はマークシートによる択一式

実技試験(前期)

幼稚園教諭免許所有者等を除く、筆記試験全科目合格者のみ実施。
6月28日(日)
①音楽に関する技術
②造形に関する技術
③言語に関する技術
(必ず2分野を選択)

公式HP
一般財団法人 全国保育士養成協議会

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。