【資格・検定】薬剤師

処方箋に基づいた調剤や、医薬品の販売などに必要な国家資格です。
ときには製薬会社での営業や、研究などでも必要とされます。

詳細情報

受験資格

次のいずれかに該当する者

①薬剤師法第15条第1号の規定に基づく受験資格
 学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学において、薬学の正規の課程(学校教育法第87条第2項に規定するものに限る。以下「6年制薬学課程」という。)を修めて卒業した者(卒業する見込みの者を含む。)
②薬剤師法第15条第2号の規定に基づく受験資格
 外国の薬学校を卒業し、又は外国の薬剤師免許を受けた者で、平成24年4月1日以降に、厚生労働大臣が①に掲げる者と同等以上の学力及び技能を有すると認定した者
③薬剤師法の一部を改正する法律(平成16年法律第134号。以下「改正法」という。)附則第2条及び第3条の規定に基づく受験資格
ア 改正法の施行日(平成18年4月1日。以下「施行日」という。)において、改正法による改正前の薬剤師法(以下「旧薬剤師法」という。)第15条第1号に該当する者
イ 施行日において、旧薬剤師法第15条第2号に該当する者
ウ 施行日前に学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。以下同じ。)に在学し、施行日以後に旧薬剤師法第15条第1号に規定する要件に該当することとなった者(施行日以後に学校教育法に基づく大学に入学し、当該大学において、薬学の正規の課程(学校教育法第87条第2項に規定するものを除く。以下「4年制薬学課程」という。)を修めて卒業した者を除く。)
エ 平成18年度から平成29年度までの間に学校教育法に基づく大学に入学し、4年制薬学課程を修めて卒業し、かつ、学校教育法に基づく大学院において薬学の修士又は博士の課程を修了した者であって、厚生労働大臣が、薬剤師法の一部を改正する法律附則第3条の規定に基づく厚生労働大臣の認定に関する省令(平成16年厚生労働省令第173号)第1条の規定に基づき、改正法による改正後の薬剤師法(新薬剤師法)第15条第1号に掲げる者と同等以上の学力及び技能を有すると認定した者

試験地

北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、徳島県及び福岡県

受験方法

収入印紙

受験料

6,800円

実施日程

令和2年2月22日(土)及び23日(日)
※2019年度は終了

試験科目

必須問題試験 一般問題試験
薬学理論問題試験 薬学実践問題試験
物理・化学・生物
衛生
薬理
薬剤
病態・薬物治療
法規・制度・倫理
実務
物理・化学・生物
衛生
薬理
薬剤
病態・薬物治療
法規・制度・倫理
物理・化学・生物
衛生
薬理
薬剤
病態・薬物治療
法規・制度・倫理
実務

公式HP
厚生労働省/薬剤師国家試験

※掲載内容について古い情報や誤りがある場合がございますので、必ず公式HPにて最新情報を確認してください。

薬剤師おすすめ求人情報

完全無料、登録1分「エムスリーキャリア」