宅建の勉強で得た知識は行政書士試験にどれくらい役に立つ?

宅建取得後の行政書士取得について

2020/6/6 06:44:24

相談者相談者

宅建取得後の行政書士取得について

今年の宅建取得に向けて勉強している者です。
宅建で民法を勉強しますが、この勉強は行政書士にどの程度役に立つのでしょうか。
科目として被るのは理解できますが、勉強時間というか範囲について、どの程度かわかる方はいらっしゃいますか?
宅建→行政書士にシフトされた方にお答えいただければ幸いです。
たとえば、「行政書士の勉強時間が1,000時間とされているとして、宅建取得していれば900時間くらいにはなる」など。
抽象的なことではありますが、できるだけ具体的にお教えいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

ベストアンサー

2020/6/6 12:19:19

回答者回答者

宅建を去年取得しました。
1日3時間の3ヶ月です。
私は『らくらく宅建塾』シリーズで合格しましたが、『今年こそ宅建』でもいいと思います。
ただ色々な出版会社から出される『~直前模試』を購入されたほうがいいですね。
統計問題・法改正・判例を網羅していますし、問題数をこなすことで民法対策にもなりますし、試験慣れも出来るので。
値段も安く1冊1500円前後で4回分(全200問)というのがほとんどです。

ベストアンサー以外の回答①

2020/6/6 14:44:30

回答者回答者

法律を勉強するのに一番時間がかかるのは、用語の理解基礎的な知識だったりしませんか?
これが宅建勉強でできていれば、その土台の部分を行政書士の勉強ではやらなくてもいいかも?くらいのイメージです。

ーーーー
>たとえば、「行政書士の勉強時間が1,000時間とされているとして、宅建取得していれば900時間くらいにはなる」など。

この感覚はかなり的確だと思います。
宅建合格した知識がまだある状態であっても、行書の勉強全体で10分の1くらいしか楽にならないと思います(でも役に立つの意味とは、ちょっと違うかな?っと思います)。
用語含めた基礎知識は全て役立ちますし、そこの勉強に時間がかかった宅建合格者なら、そのぶんかなり行政書士の勉強で時間が節約できると思います。

ーーーー
ザックリ言うと、、、
宅建を合格していたとしても、行政書士勉強全体ではあまり「楽にはならない」かも?
ただ基礎ができていれば、その取っ掛かりは楽になるはず。
でも行政書士の合格まで考えると、おそらく宅建知識は10分の1も「役に立たない」かも?
そんな感じでした。

ベストアンサー以外の回答②

2020/6/6 07:35:13

回答者回答者

私はかなり前、しかもどちらもかなり特殊な状況で受験したのですが、直結するのは宅建の権利関係と行政法の民法分野です。
それ以外の分野はあまり関係はないのですが、宅建の勉強の際に法律の勉強についての自分なりのやり方を身につけておけば行政書士の勉強時間は格段に少なくなります。
私は他資格取得の都合上、行政書士試験と宅建の同時受検はしなかったのですが、宅建30時間、行政書士は100時間程度で合格しました。
合格までに必要な時間は人それぞれなのですが宅建の際についた勉強習慣はずっと使えますのでそれだけは少し頭に入れておいてください。

※一部読みづらい部分などを編集させていただいております事をご了承ください。

関連書籍

2020年版 らくらく宅建塾 (らくらく宅建塾シリーズ) (日本語)

価格:
3,300円 宅建学院

昨年版(2019年版)のらくらく宅建塾シリーズでは、
たくさんの方に高い評価をいただきまして誠にありがとうございました。

最新版(2020年版)は、民法の改正に対応し、
さらに多くの方にご満足いただけるように編集しております。
どうぞよろしくお願いいたします。

020年版 出る順宅建士 当たる! 直前予想模試【模試4回分/法改正対応】 (出る順宅建士シリーズ) (日本語)

価格:
1,760円 東京リーガルマインド LEC総合研究所 宅建士試験部

「出題様式に慣れる⇒対策・弱点を理解」を万全にする、4回分の模試で総仕上げ。
昨年版でも「本試験的中! 」を出した、“当たる”LECオリジナル予想模試で、宅建士試験本番のシミュレートができます。
試験出題範囲となる、2020年の法改正に完全対応。

直前期に嬉しい特典満載の本書を活用し、ぜひとも2020年の合格を勝ち取ってください!